ヤマカン

■東北を元気にしたいという想いが『Wake Up, Girls!』を生み出した

このような中、経験したのが東日本大震災だ。山本監督は、この震災を「国難」であるとし、自身も実際に何度かボランティア活動を行うなど、復興を進めるうえで自分が出来ることを模索していったという。
転機はTwitterに流れてきたあるつぶやきを見たときに訪れたと山本監督。「東北地域を聖地とするアニメが出来ないか?」というものだった。このツイートは、山本監督自身に向けられたものではなかったが、「私が横槍を入れて、『わかりました』と思わず返信した」と山本監督は当時の心境を述懐した。
監督自身、南相馬で除染をやるなど実際に体を動かしながらも、この「国難」において、自分がやはり出来るのは「アニメによる聖地巡礼」だと気がついたという。


むろん、聖地巡礼を生み出すのは簡単ではないのも経験済みだったと山本氏。実際にスムーズにいかないケースとして筆頭に上げれられたのが著作権関連の問題だ。
地域活性化なんだからと、原作者に確認をせずに「勝手に話を進めてしまう」というノリもこれまでの作品の中で関わってきた地方の関係者にはあった。こういった著作権に対する意識の弱さは原作者を疑心暗鬼にさせる要因になる。一方、自治体側は自治体側で「なぜ、使わせないんだ?」といぶかしがるという形で溝が深まっていくことが多いという。


そこで、プロジェクトを進めるにあたってオリジナルで行くと決断するに至った。また、かねてから交流があり、『THE IDOLM@STER』のシリーズ構成も務めた待田堂子氏に相談したところ、被災地を聖地巡礼の場所にするうえでその場所を一過性のものではなく継続的に参加できる状態をつくるにはイベントだとひらめいた。アイドルが居れば定期的なイベントが可能だ。そこで、アイドルをテーマにアニメをつくることを着想した。つまり『WUG!』の原案は東北振興を大前提に進められていったことが分かる。
なお着想時期は2011年5月だったとのこと。従って、『あまちゃん』がご当地アイドルをテーマにしたことを聞いたとき非常に驚いたという。


■作り手としての使命は「作り続けること」

山本監督は作品を作る立場として、地域の盛り上がりを続けるということは即ち、作品を作り続けなければならないことを意味すると、アニメ監督として聖地巡礼に関わる際の使命を語ったうえで、だからこそ、自身が原作から携わっている『WUG!』については何とかして続けていきたいと改めてビジョンを提示した。当然作品が終わっても、地域の盛り上がりを持続することは重要であると指摘しつつもあくまでも作り手としての使命は「作り続けること」と、その意義について改めて強調した。


そして、最後の質問は「今、注目している人、モノ、事」について。
ここで山本監督は是非、「能年玲奈さんを主人公にした映画を撮りたい」とカミングアウト。更にそこに乗っかる形で、「私の場合は、能年さんを主人公にした映像作品を取りたいばかりにカメラの使い方について学び始めました!」と柿崎プロデューサーが告白し、会場を笑いの渦に誘い込んだ形で講演の幕を閉じた。
講演終了後にも学生たちが、長蛇の列をつくって、各プロデューサーに熱心に質問を続けるなど、関心度の高さを如実に示していた。


本講演は「聖地巡礼」と「地域活性化」という地方にとって重要な課題についてアニメ制作、ドラマ制作、そして巡礼のしくみを生み出す当事者から、生の声を聞く貴重な機会となった。受講者は高校を出たばかりの学生200名程度だったが、これらの賢言がいずれ受講生の心に響き、彼らの創作活動に生かされるようになることに期待したい。


全文を読む(外部サイト):
http://animeanime.jp/article/2014/05/11/18632.html



「作品を続けていきたい」この声を待っていたよ!

これは二期期待しちゃっていいんだよね?いいんだよな?

まずはブルーレイのマラソンがんばるぞおおおお!!!

作画修正もめっちゃ期待してるぜ

no title